何年かぶりに新しい冬物のアウターがほしくなった。流行りものがほしいってわけじゃないけど一応どんなもんかしら、そもそもどんな選択肢があるのかしらと、ファッション雑誌やネットのファッション写真などを見てみるわけだけれど、まー、前を開ける開ける。彼ら開ける開ける。ほぼ全員開ける。心の中で「参考にならねえええええええ!」と叫ぶ。

 冬の北海道でアウターの前を開けて外を歩いたら下手をすれば生命に関わる。いや、そこまでじゃないとしてもだ、確実に寒い。これが、うっかり薄着で出かけてしまったがための寒さなら我慢するしかないだろう。しかし前を開けたいばっかりに寒い寒いと言っている人間がいたらさすがにただのあほである。もちろん、強い向かい風が吹いているときには前を開けてチャゲアスごっこしたくなることもあるだろう。でも吹雪のときはやめたほうがいい。生命に関わる。

 同じアウターでも春物・秋物だったらまだわかるのだ。もともと薄手で防寒能力が低い衣類については前を開けていても閉めていても温度差はさほど大きくならないだろうし、実際、前を開けて着る機会も少なくない。しかし冬物、厚手でガチ防寒の冬物アウターについては、開けると閉めるじゃ大違いである。そりゃ背中や腕は暖かいけれど、肝心の前。肝と心のある前は本当に大丈夫かそれで。中に風は吹き込んでくるしおなかは丸出しである。冷えちゃうよ。すぐにピーピーになっちゃうよ。即ピーだよ。たとえ北海道じゃなくたって冬であればその事情は同じだと思うのだが、どうなのか。え? そのためのインナーダウンベスト? いいから前閉めろよ。

 それとも、もしかするとだ。ファッション写真に登場する人たち、もっぱら東京とかの人たちは、本当はそんな厚着をする必要なんかないのに冬だから気分を出すために、ファッションとして、仕方なく厚手のアウターを着て、それで暑くて仕方ないから前を開けているんじゃないだろうか。だったら薄着しろ! こっちは早く薄着になりたくてうずうずしているっていうのに! 冬物なら冬物らしさを最後までまっとうしろよ。お願いだから前を閉めた状態の着こなしを見せておくれよ。それを参考にしたいんだよ僕は。

 まあ、しかし、わかる。わかるよ。モデルの意図かスタイリストの意図かフォトグラファーの意図かはわからないけど、あなたたちの気持ちはわかる。ついつい前を開けちゃうの、わかる。だって、前を開けるってかっこいいもんな。

 前を開けるのって、どうしてかっこいいんだろう。閉めるべきところを閉めないという反骨な感じ、ちょっと不良っぽい感じだろうか。閉めろっていわれたから素直に閉めているのってなんかださい、という時期が誰しもあるのではないか。思春期である。

 僕は前を開けたかった。ずっと開けたかった。開けておけるものならいつでも開けていたかった。だってかっこいいから。なのに中学の指定ジャージは前を開けられないタイプ。高校の指定ジャージも前を開けられないタイプ。プルオーバーといえば聞こえはいいが要は頭からかぶるやつ。僕はがっかりした。学生服の前を開ける度胸はなかったが、せめてジャージは開けていたかった。そもそもスポーツウェアとして不合理だと思うんだがなあ。

 さて、かっこいい理由ってこれだけか。まさかそんなことはないだろうと思いさらに考えてみる。

 前を開けると何が起こるか。大きく二つある。前を開けると、特に丈の長いコートなんかを開けるとマントっぽくなる。歩いた勢いや、風をはらんでひるがえったりなびいたりする。つまり動きが出る。これにより見映えがするということがいえるのではないか。そしてもう一つ、前を開けると中が見える。中がオシャレであれば、そしてアウターともマッチしていれば、オシャレ度をぐんと増幅することができる(裏目に出ることもあるだろうが)。

 というわけで動きも出るし中の服も見えるしで、そりゃファッション写真としては前を開けたほうが理に適っている感じはするわなー、と考えるに至った次第である。だったら仕方ない。僕も納得である。参考にはならないけれど仕方ない。あれはフィクションだとして受けとめるしかないのだ。もしくはモデルはみんなきっとおなかが冷えない体質なんだ。モデルはすごいな。

 写真を見るのをやめた僕は結局あれこれ試着して、めでたくダウンジャケットが僕のワードローブに新しく加わった。こいつが期待以上に防寒能力が高くおかげさまで超気に入っているのだけれど、どれだけ寒い夜でも駅から自宅までわっしわっしと歩くだけで汗ばんでしまうほどの代物なのだ。真冬に汗をかくのはまずい。冷える。生命に関わる。汗をかく前に温度調節する必要がある。

 ついに僕にも冬アウターの前を開ける日が来てしまうのだろうか。この冬、おなかの急速な冷えとの闘いが始まる。


face

鈴木拓磨 SUZUKI Takuma / suzukishika(鈴木鹿)

コピーライター。札幌の広告制作会社に勤務しています。
1982年早生まれ / 小樽市出身 / 札幌市在住 / 文房具とビールが好物
Shikalog / Twitter / Facebook / mail: suzuki at mark suzukitext dot com